ペラサイトに適したレンタルサーバーを考えよう

1サイトに1ページで完結するペラサイトは、使うドメインも1つのみです。ペラサイトは1つのサイトだけではなく、量産することで収益へとつなげていく方法です。では実際にペラサイトを作りたい場合、レンタルサーバー選びではどのようなポイントに注目したらいいのでしょうか。

条件を1つずつ確認しながら、ペラサイトに適したレンタルサーバーを考えてみましょう。

レンタルサーバーに増加中!ルート権限付レンタルサーバーとは

ペラサイトはどのようなものか

1サイトにつき1つのページのみ、そしてドメイン1つで完結するのがペラサイトにおける最大の特徴です。1ページのみで完結するため、1つしかサイトを作らないと検索サイトで上位に表示させるのは難しくなります。そのためペラサイトは1つだけサイトを作るのではなく、多くのサイトを作ることで収益へとつなげていくアフィリエイトのやり方です。

1ページのみで完結しますが、基本的な作り方は通常のサイトを作る場合と同じようにできます。

メリットとデメリットについて確認しよう

ペラサイトを作る最大のメリットが、シンプルなサイトを作れるという点です。膨大な情報を詰め込んだサイトを作ろうと思っても、何を書いたらいいのかわからず内容の選定で困ってしまう、量が多いだけで似たような内容ばかりになるという場合もあるでしょう。

ですがペラサイトの場合、1ページのみのサイトとなるので、コンテンツ選びもしやすく内容が重複しにくくなります。ただし収益をあげるためには、多くのサイトを管理する必要がある、1サイトだけ上位表示させるのは難しいなどのデメリットもあげられます。

メリットとデメリットを確認したうえで、より良い形でペラサイトを作っていけるようにしましょう。

適したレンタルサーバーを選ぼう

ペラサイトを作成するためには、レンタルサーバーの利用が欠かせません。レンタルサーバー選びを適当に行ってしまうと、ペラサイトに合わず運用しにくい、レンタルの費用負担が大きくて収益につながりにくいなどの問題に発展するケースも見られます。

最適な形でペラサイトの運用をできるように、どのようなレンタルサーバーが適しているのか考えていく必要があります。

マルチドメインのレンタルサーバーを探そう

ペラサイトでは、1つのドメインで1つのサイトを作っていくことになります。そのためレンタルサーバーを使うとき、1つのドメインしか登録できない場合だと、いくつもレンタルサーバーの登録が必要になって管理が面倒ということもあるでしょう。

そこでペラサイト用のレンタルサーバーを選ぶなら、マルチドメインに制限がないレンタルサーバーを選ぶのも1つの手です。また1つのレンタルサーバーだけを利用するのではなく、比較的安価で複数のドメインが登録可能なレンタルサーバーにいくつか登録する方法もあります。

複数のレンタルサーバーに契約すれば、リスク分散にもつながるというポイントも押さえて判断しましょう。

データベースは無制限か

ワードプレスを使ってペラサイトを作成する場合、1つのサイトごとに1つのデータベースが必要です。使うレンタルサーバーのデータベースの数に制限があると、ペラサイトが量産しにくくなるケースも見られます。そこで量産が必要なペラサイトを運用したいなら、データベース無制限のレンタルサーバーを探しましょう。

ただしデータベースが無制限でも、レンタルサーバーの中にはある程度の数のデータベースを作ると重くなる場合もあるため注意が必要です。

通信速度も確認すること

ペラサイトは1サイトあたりに多くの内容を詰め込むわけではないため、サイトが重くなりにくいという特徴があります。そのため安価なレンタルサーバーを選んだ場合でも、比較的サイトが重くなることなく、安定して表示されやすくなっています。

しかしサイトの表示速度が遅いと、せっかくアクセスしてくれたユーザーが離れてしまうかもしれません。通信速度の優先度は高くないものの、遅いとマイナスの評価になってしまうため、安定した表示速度が期待できるレンタルサーバーを選ぶことが大切です。

料金が負担にならないか

ペラサイトを運用する場合、1つのレンタルサーバーだけではなく、リスク分散を考えて複数のレンタルサーバーを利用したいという方も多く見られます。複数のレンタルサーバーを利用する場合、契約するレンタルサーバーの分だけ費用がかかります。

1ヵ月あたりの負担は多くないと思っても、長いスパンで運用することを考えた場合、負担が大きくなるかもしれません。またペラサイトの収益が増えないと、レンタルサーバー代の出費ばかりが増えてしまう可能性があります。

収益をプラスにするためにも、レンタルサーバー選びでは費用の負担が大きくならないかよく考えて選ぶことが大切です。

無料のレンタルサーバーもある

ペラサイトの作成におけるレンタルサーバーにかかる費用を少しでも節約したいという場合、無料のレンタルサーバーを選ぶことも可能です。無料のレンタルサーバーを選ぶ最大のメリットが、コストの削減につなげられるという点です。

試しにペラサイトを運用したいという場合でも、無料のレンタルサーバーを活用したら気軽にチャレンジしやすくなります。しかし無料のレンタルサーバーには、数ヵ月放置するとサイトが強制的に閉鎖される、広告が表示されるなどのデメリットもあげられます。

メリットとデメリットを理解したうえで、無料のレンタルサーバーの利用を検討しましょう。

おすすめのレンタルサーバーを探そう

レンタルサーバーには多くの種類があるため、ペラサイトを作るうえでどのようなレンタルサーバーを選んだらいいのか迷ってしまう方もいるでしょう。そこでレンタルサーバー選びで迷った場合には、実際にペラサイトを運用している方の口コミやおすすめ情報を参考にするのも1つの手です。

実際にペラサイトを運用している方であれば、サイトの運用に適したレンタルサーバーの情報を持っています。運用している方ならではの目線の意見を知ることで、より良い形でペラサイトが運用できるレンタルサーバーが見つかるかもしれません。

ただしペラサイト運用者といっても、人によって予算や管理するサイトの数などの違いがあります。口コミやおすすめ情報は参考程度に留めて、最終的には自分の状況に合ったものを探していくことが大切です。

ペラサイトの運用に適したレンタルサーバーとは?

1サイトに1ページのみのペラサイトを作るなら、マルチドメインに制限がないもしくはデータベースが無制限などの条件があるレンタルサーバーを選ぶのも1つの手です。実際に管理したいペラサイトの内容や数などに十分な対応ができるレンタルサーバーを選ぶことが大切です。

また費用負担も考慮したうえで選ぶことを忘れないようにしましょう。